ハノイ2日目は先輩が住んでいる村、ニャチャウへ訪れ、勤務先である小学校の見学。ニャチャウはハノイから車で40分程のところにある村落。少し画が少なく伝わりにくいかもしれないけども、かなりパンチのあるところ。ここで丸2年間暮らすってのはそうそうできることじゃないと実感。
先輩はホームステイ先の3階に居住。3階といっても2階のベランダから屋外の階段を昇って屋上にぽつんと部屋がある感じ。裏には大きな池が。
3階からの画。緑はかなりある。
それにしてもよく生活してるなと感心させられる。
大家さんに昼飯を御馳走していただく。一番右が大家さん。真ん中の女性はこの日同行した先輩の日本での同期教員。正直、ここで食べた揚げ春巻がこの旅中の全ての食べ物の中で最も美味かった。大家さん本人は酒が飲めないらしく、逆にこっちはガンガン飲まさせていただき大満足。ご馳走様でした。
小学校に見学に行ったら、夏休みっていうのに子供達ワンサカで大っ騒ぎ。常に囲まれて固まって移動するという非常事態。子供達の元気さは世界共通。
教員の方々が何やら会議中。先生方が皆、感じが良く、また快く受け入れていただき非常にありがたかったです。
みんないい顔してます。
日本の田舎と同じ臭い。ではある。